日本の人口が縮小し、国内のみの仕事に限界が訪れつつある昨今、日系企業はグローバル市場へ挑戦するために海外進出を進めています。そのような状況下で、多くの日系企業が注目している海外進出先は成長著しい東南アジアです。

現在、英語力と並び海外で活躍するための国際感覚が昔よりも日本人に求められるようになり、今後さらに世界で活躍する若者が必要とされます。

本ページをご覧いただいている皆さんは、将来に備え、英語の必要性を感じており、さらに国際感覚を身に着けたいと考えている方が殆どだと思います。

では、国際感覚とはどのような能力でしょうか?

 

国際感覚とは海外で異文化ギャップや人種間の違いを乗り越えて身に着ける国際的な適応能力を指します。

国際感覚を身に着け、グローバルに活躍するスキルを身に着けるために留学経験を得ることが近道と言えます。

20年前は敷居が高かった語学留学。

主な留学先は従来のアメリカやイギリス、カナダ、オーストラリアといった英語を第一言語とする国以外の選択肢がなく、3ヶ月の語学留学で100万円を超える留学費用が必要でした。しかし、10年ほど前からフィリピンをはじめとする語学留学先・留学目的の多様化が進み留学の門戸は多くの人々に開かれるようになりました。

成長著しい東南アジアへの注目が高まり、英語と国際感覚をもつグローバル人材が必要とされ、語学研修先の多様化により敷居が下がりつつある留学。

現在、就活・キャリアアップのために最も注目を集めている留学先は東南アジアの中心マレーシアです。なぜ、マレーシアが将来を支えるために最適な留学先なのか本記事でご説明します。

マレーシア留学が将来を支える3つの理由
1.実践的な英語・中国語の語学スキルを身に着けることができる

2.多民族国家でしか身に着けることができない国際感覚

3.欧米・中東・中国のマーケットにつながる経済圏


実践的な英語・中国語の語学スキルを身に着けることができる

即戦力を高める唯一の留学先マレーシア

数ある留学先国の中で、英語と中国語を学習できる場所はマレーシア以外ありません。

2015年の統計によると、中国語話者数は10億5100万人。英語の8億4000万人を超え、世界で一番話す人が多い言語は中国語です。世界で最も多く話されている中国語・英語を即戦力として学ぶ留学先として、マレーシアには理想的な環境があります。

マレーシアではイギリス英語が話されているとお考えの方も多くいますが、マレーシアの語学学校ではアメリカ英語を学ぶこともできます。


選択可能なイギリス英語・アメリカ英語

イギリス領であった歴史的背景から、イギリス英語が話されているとお考えの方が殆どですが、マレーシア語学学校の講師はアメリカやカナダ出身のネイティブ講師がアメリカ英語を教えておりますので、イギリス英語・アメリカ英語から選ぶこともできます。

国際ビジネスの最前線の英語を知ることができる

マレーシア語学学校の講師は、ネイティブ圏出身だけではなくヨーロッパやアジア出身の講師も在籍しています。したがって、実際に世界中の人々によって使われている英語のアクセントやイントネーションを学習することもできます。

世界英語話者人口約17.5億人の80%は第二言語として英語を使用しており、国際ビジネスの最前線で使われている英語は、圧倒的に独特のアクセントを持つ英語です。したがって、マレーシア留学では多様な英語に触れながら、ネイティブ講師からアメリカ英語・イギリス英語を学ぶことができます。

多民族国家でしか身に着けることができない国際感覚

世界の宗教を理解し国際基準のマナーを身に着ける

マレーシアはマレー系・中華系・インド系からなる多民族国家です。イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、カトリック、プロテスタント、世界の宗教がお互いを尊重しあいマレーシアで共存しています。

マレーシアは、それぞれの宗教のルールを理解し国際基準のマナーを身に着けることができる数少ない留学先です。

国際都市、高い民族的多様性

マレーシアは多民族国家ですが、首都クアラルンプールでは民族的な多様性はさらに高まります。東南アジア屈指の大都会クアラルンプールに、欧米やアラブから集まる大勢の観光客やビジネスパーソンが集まり、様々な言語が飛び交います。ニューヨークやトロント、ロンドンといった移民が集まる大都会特有の多様性が東南アジアのマレーシアにはあります。

東南アジアで身に着けるグローバルマインドセット

海外でプロジェクトを進めると、何も問題がないことはあり得ません。予想していないことが起こり、物事が計画通りに運ばないことばかりです。国内で優秀な人材が海外では成果をだせないことはよくありますが、成功する人には一つの共通点があります。

それは「想定外の状況を乗り越える経験とグローバルマインドセット」があることです。東南アジアの一国であるマレーシアは、先進国の商習慣や常識が通じないことがあります。つまり、問題発見・問題解決能力を養う場としてもマレーシアは魅力ある留学先と言えます。

欧米・中東・中国のマーケットにつながる経済圏

欧米の大学への編入・学位取得が可能

イギリスの教育制度の影響を強く受け、学内公用語が英語であるマレーシアは欧米の高等教育機関と結びついています。ツイニングプログラムにより、マレーシアの大学2年+イギリスの大学1年の単位取得によりイギリスの学士を取得できます。

他には、マレーシアの大学の単位を認めるアメリカの大学へ編入するプログラムもあり、アジアと欧米を股にかけた国際的な教育を受けることができます。

イスラムマーケットへの入口

毎年約30%のペースで増加しているマレーシア・インドネシアからの訪日外国人。ムスリムは現在16億人、世界の四分の一の人口を占めていますが、イスラム教徒の数は2060年には30億人になると予測されています。今後さらに拡大するイスラム市場とつながりを深める入口として、マレーシアは有利な留学先となっています。

中国マーケットへの入口

目まぐるしい成長を続ける中国経済。そして国連の「2017年世界投資報告」によると中国が世界2位の対外投資国と発表されました。日本経済を考えるうえで、様々な分野で中国を無視することはできません。ネットワークが重要視されるアジアでは、人間関係作りが成功と失敗の分け目になります。マレーシアは、英語のやり取りで中国ネットワークとつながることができる社交場の側面も持っています。

マレーシアが最適な留学先である理由のまとめ

①グローバル化を経験している日本、そして②世界的に東南アジアの存在感が高まる中、③留学の敷居が下がりつつあります。

将来のビジネス、就活、キャリアアップに活かされるため、早期に留学経験を積むことが大切なのは自明です。

 

しかし、留学とは人生で何度も経験することができない特別な機会となり、留学経験はその後の進路に大きな影響を与えるイベントとなります。

したがって、留学先の国を目的・予算に応じて慎重に選ぶ必要がありますが、欧米より少ない予算で就活・キャリアアップやビジネスに役立つ留学先をお探しの方には、マレーシアが今最も最適な場所ということができるでしょう。

 

一方、マレーシア留学はネットの情報も少なく、専門性の高い知識なくして留学計画を立てるのは困難です。

そのような情報ギャップに課題意識を持ち、SFAマレーシア留学センターは成功する留学計画を今までお手伝いしてまいりました。

 

SFAマレーシア留学センターは全国どこからでもご利用いただけるマレーシア専門留学エージェントです。

ご質問やお申込をオンラインで24時間受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいませ!